女性起業家zoomオンラインスクール

50代女性が起業して成功するための3つの秘訣

  
\ この記事を共有 /
50代女性が起業して成功するための3つの秘訣

こんにちは、

ステージアッププロデューサーの智子です。

起業をスタートしようと思う時、スタート時の自分の年齢って気になりますよね?

30代ならある程度の経験もあり、まだまだ体力もある!

40代でもSNSやwebにもついて行けそう、50代、60代は?

と思われる方のいるかもしれませんね。

ところが、皆さんもご存知の「ケンタッキーフライドチキン」の創業者の

カーネル・サンダースはなんと65歳でKFCで起業し大成功したのです。

ビジネスをスタートさせて成功できるかできないかは年齢ではないのです。

今日は50代から起業して成功へと導くステップについてお伝えします。

1、起業スタートと年齢の関係

私は、35歳で起業しました。スタートは保険の代理店でしたので

起業というイメージは全くなく、教えてもらいながら事業をスタートさせた。

という感じで、営業のことも何もわからず、ただ言われたことをやり続けていただけでした。

しかし、会社員ではないので、自分でご契約を頂いた分の報酬しかなく、スタートした翌月の

報酬はなんと”700円”(笑)通帳を見てめちゃくちゃ驚きでした。(爆)

そこ時の私の気持ちは「こんなペースで仕事してたらガソリン代も稼げない・・」

という感じ( ;  ; )そんなところからのスタートでした。

当時の私は年齢のことを気にすることは全くなかったのですが、今は50代人生折り返し

体力の限界も感じつづ、仕事がいつまでできるのか?と考えると、自分がいつどんな状態に

なったとしても仕事がまわる環境を作らないといけないと感じています。

50代から起業を考えるなら当然、後何年仕事ができるのだろう、と考えてしまいます。

昔と違い人生100年時代と言われる今、70代でも働いているのは当たり前なのかもしれません。

昔のように60歳で定年して年金生活というほど、年寄りでもありません。

今の60代は若々しく元気なので、隠居暮らししてしまうのが勿体ない、ですから

今までの知識と経験を活かし何歳からでも起業してバリバリ社会貢献してほしいと願っています。

40代、50代からの起業はやっと人生の折り返しみたいなもので、40代、50代だからこそ

できるビジネスや、人との関わりがあるのです。


2、50代から起業する上での注意点

50代からの起業のメリットは沢山ありますが、一方でデメリットも知っておくことで

不安なく起業してビジネスを楽しみながら成功へと進んでいけます。

そのためにまずは知ることが大切です。知ってやるやらないと選択できるのと、知らないで失敗するのでは

大きな違いです。どんなことでもそうですが、知識として知って使う使わないを判断することは大切なことです。

1、少ない資金でスタートできる職種を選ぶ

50代で起業をスタートする際はまず、開業資金はなるべく小さく抑えることようにしましょう。

なぜなら、50代の方が起業に多くの費用をかけて万が一失敗した場合、取り戻すのが大変だからです。

20代や30代に比べると仕事ができる期間が短く、取り戻す期間も短くなるからです。

50代だとある程度資金があり、そこだても一段落している方も多く、自己投資が割とできる方が

多いのですが、近年は時代の流れも早く新しいwebマーケティングなどの情報を得ることが

難しい場合もあります。そんな時によくわからない状態で投資をするのではなく、リサーチしたり

少額からスタートしてみるようにしましょう。

2、自己流でやらない

起業する時は、絶対に自己流でやるのはやめましょう。

ビジネスをスタートするときに、まずは自分の力で他の起業家の方がやっていることを真似ながら

やっている人が多いですが、これは望む成功のスピードが遅くなってしまいます。

例えば、初めて山登りをする人が、自己流で地図を見ながらとはいえ、1人で登るのと

ベテランのガイドをつけて一緒に登るのでは、断然スピードや安全性が違うと思いませんか?

ビジネスで売上をあげ続け、成功するにはある程度決まった方法があるんです。

それを知らずに自己流でしていては売上が上がらない、売上が上がっても、いつまでも忙しいく

時間がない、家族との時間も取れない、ヘトヘトということになってしまいます。

起業をスタートするときは、ちゃんと成功している専門の知識を持った起業塾で学ぶことが

一番の成功への近道です。

3、素直に行動する

私の今までの経験でまず、素直に受け入れ実践、行動できる人は成功します。

ちょっとうまくいったら、自己流を取り入れたり、行動する前から、でも、だってと

何かにつけ言い訳をする人はうまくいきません。

同じことを学んでいても、素直に実践した人はどんどん成長して、結果を出し続けます。

その一方で、言われても行動しなかったり、勝手に自分流にアレンジして、言われたこととは

違うやり方をする人はなかなか売上が上がりません。

ある程度歳を重ねていくと、誰かにアドバイスをもらっても、自分なりのやり方や考え方に固執する人も

いて、なかなかそのことにも気づかない場合があります。

他の人がそんな風にしていることは気づくのに、自分のこととなると気づかないのが現実です。

起業塾の講師は、少なくとも起業をこれからスタートするあなたより経験や知識もあり成功しているからこそ

起業のサポートをしていて、どうすればうまくいくのかを知っているのです。ですから、日頃から、

自分自身が意識をして、素直に実践、行動してみるように心がけましょう

4、辛くても自分を信じて諦めない

起業して成功したいなら成功するまで諦めてはいけません。成功するまでやり続ければからなず成功します。(笑)

私も起業当初はうまくいかないこともたくさんあり、何度も大声で叫んだり、泣いたりしてきました。

他の人がうまくいっているのをすごく羨ましく思ったことの何度もあります。

でも、私は、自分の目指すゴールがあり、自分の子供たちにも諦めない姿を見せたいという想いもあり

諦めずにチャレンジし続けてきました。その姿が子供たちへも影響しています。

50代からの起業は大変そう、実際チャレンジしてみたら大変・・ということが起こるかもしれませんが

そんな時に起業塾の講師や、仲間がいると支え合い、アドバイスをもらえたりして継続していくことができます。

50代からでも本気で成功したいと願い諦めなければ、楽しく成功することはできます!

3、50代で起業する女性のメリット、デメリット

1、メリット

子育てがひと段落している人いが多い

30代、40代だとまだ子供が小さく、時間的に短時間しか仕事ができなかったり、

死なすが、50代だとほとんどの場合はもうお子さんにはあまり手がかかならいので

時間的余裕があります。起業すると、サービスや商品を提供すること以外にも、ブロブを書いたり

SNS投稿したりと作業をする時間も多く、そこに時間をさくことができます。

人脈がある

今まで働いてきた環境の仲間や、ママ友、ご近所さんなど、50代の方は若い人に比べて

多くの人脈を持っている傾向があります。

その人脈の中には、起業する際に力を貸してくれたり、頼りのできる人がいるかもしれません。

デメリット

体力が不安

事業をスタートするには初めは体力が必要です。ビジネスを起動に載せるまでは、色々と自分で

やらなければいけないことも多く、慣れないpc作業などもあり、大変だと感じることもあるかもしれません。

でも、それもずっとではなく、軌道に乗れば、人材を雇ったり、外注したりして、自分が手を動かす時間を

少なくしていくことで、さらにビジネスを拡大していくことができます。

介護などの問題が出る人も

50代になると親が高齢になり、介護の問題が出てくる場合もあります。

子育てがひと段落して、やっと自分のやりたいこと・・と思った矢先に介護の問題が出てた!

ということもあります。それにより時間が取れない方もいるかもしれません。

しかし、逆にこう考えてみましょう。

今は便利なZOOMというオンラインシステムがあります。

移動時間なしで、家にいながら、学んだり、講座を開催したり、セッションをしたり

そう考えると、今のうちに起業して軌道に載せておけば、あとま隙間時間でセッションしたり

講座をやればいいのです。自動化してしてしまうという方法もあります。

起業の一番いいところは、好きな時間に好きな時間だけ仕事ができるとところです。

ただし、そこにいくまでには、やるべきことがありますので、起業スタートの時には

すこし頑張って仕組みを作ってしまいましょう♪

まとめ 

女性が50代から起業して成功するために、メリットもたくさんありますが、デメリットももちろんあります。

両方を知った上で、最短で成功するために、必要なことを実践していきましょう。

人生100年時代、1度きりの人生です。50代になって自分の人生なんなんだろう、家族のために自分を犠牲にして

やりたいこと、買いたいものを我慢してきたけど、これからはもっと自分のために大切に生きよう!

そう考えて起業しました。とおっしゃる方もいます。私も40歳の頃同じように自分の人生をもっと

自由に、やりたいことを我慢せずにやろうと決めて今があります。

誰の人生でもなた人生を生きるのはあなたです。